SGDsとは?
株式会社古川
持続可能な開発目標(SDGs)とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます(日本の取組(PDF))。

古川が思う持続可能な開発目標(SDGs)とは古川の取り組み事例

エネルギーの効的な利用を促進
 ◆ZEH住宅の建築や、断熱リフォームといったエネルギーを効率良く利用するための提案をしていきます。
  再生可能エネルギーの提案や施工、メンテナンスにより化石燃料利用をへらします。

エネルギーの効的な利用を促進

地域の活性化と再生可能エネルギー利用の促進  ◆地元で作られる再生可能エネルギー電力を買い取り、地元で供給する。
   環境に優しいエネルギー販売を通じ、地産地消と地元貢献を両立していきます。

エネルギーの効的な利用を促進

リサイクルによるごみの減量  ◆リターナルボトルを使った水の容器再利用によるごみ削減や、家庭や、事務所にストックを持つことから災害時には備蓄水としても活用できる。

エネルギーの効的な利用を促進

地域防災、減災への取り組み  ◆自社構内にあるLPガス充填所は、中核充填所として、災害時には防災の拠点として活用されます。
  地域の自治体と定期的な災害訓練を実施しています。

エネルギーの効的な利用を促進